大子広域公園オートキャンプ場

0295-79-0031

お問い合わせ 10:00~17:00

空き予約ボタン
Instagram ブログ

スタッフブログ

春の七草

皆様、おはようございます。

 

1月7日。

一連の正月行事の締めとして「七草がゆ」を食べる日です。

 

七草がゆの歴史は古く、枕草子にも記録があり、平安時代からすでに

宮中行事として行われていたようです。

 

七草がゆを食べるのは正月の祝膳や祝酒で弱った胃を

休める為とも言われています。

 

 

 

芹(せり):競争に競り(せり)勝つ
薺(なずな) :なでて汚れを取り除く
御形(ごぎょう) :仏の体をあらわす
繁縷(はこべら) :茎に葉がたくさんつく→繁栄をあらわす
仏の座(ほとけのざ) :仏の安座
鈴菜(すずな) :神を呼ぶための鈴
清白(すずしろ) :汚れのない清白

 

 

 

また、七草がゆを食べることで、1年間の無病息災への祈りを込める意味があります。

地方によっては七草全てを入れなかったり、食材が異なる場合もあるそうです。

 

皆さんの地域の七草がゆはどんなものでしょうか?

 

 

 

 

読んだらクリックお願い致します(^^ゞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

ブログ記事一覧へ »